FC2ブログ

ARTICLE PAGE

久しぶりに美術館行ってきた

平塚美術館さんにお出かけしてきました。
金魚絵師 深堀隆介展という、樹脂に金魚の絵を描かれる方の作品を拝見してきたのです。
前にテレビで観て、おーすごいなーと思っていたので記憶には残っていたから、告知を見たときに「行かねば(使命感)」って思いました。
私も小説を書いていたから、一つの作品を作るのにすら結構な時間がかかるというのに、
これは樹脂を乾かす時間も塗料が乾く時間も考慮しつつ、無数の金魚(もはや数え切れない)を一つのものに描いたりするわけで
もう気の遠くなる様な時間が注がれているものもありました。(入ってすぐ展示されている作品には、14年の歳月がかかったそうです)

なんか美術館に行くのもほんと……いつぶりだ……? 鳥獣戯画展以来だから3年ぶり? うっそ。
感性のあるものに触れると、なんだか力強い気力を頂く様な気さえします。
あれだよ、ティアに行くと「私も本だそうかな」って思うあれと似てる……(何言ってんの)
私現代アートってよく分からないので苦手だったんですが、金魚可愛くて、ユニークで、作品のユーモアも凄くあって、楽しく過ごすことが出来ました。
あとね、走り書きなんでもしかすると読みにくいと思うのですけども、
作品の下部、作品名などの近くにたまに付いてる作者さんのメモなんかも読んでみて下さると嬉しいです。
「ウォーキングしてるときに拾ったものに描いた」「フリマで買ったものに描いた」みたいなことが描いてあったりして、フフッってなります。
夏も長いので、ぐーたら家で過ごしてばかりだと気も滅入りますよね。
確かに美術館はタダじゃないし好みも分かれることもありますが、
ちょっとお昼をお外で食べておつりが来る料金くらいで閲覧できるものも多いので、
たまにはいいかな、くらいで出かけてみるのもいかがでしょうか。

0 Comments

Leave a comment