GWってやつですね!

毎年同じようなこと言ってる気がしましたが、そう、ゴールデン。
特別仕事と帰省以外に予定があるわけじゃ無いですが(十分ともいえる)
起床アラームの時間間違えないようにしなくちゃね。

さて、自慢にもなりませんけど、普段まったく運動しないわたくしなのですが
昨日ちょっと遠出して逗子の方に行ってきました。
つーても観光とかお遊びイベントがあったわけでは無く、
ぶらっと思い立ったからでかけただけのノープラン行き当たりばったりです。
でも、ちゃんと動きやすい格好+長袖+帽子というちゃんとした格好(?)で行ったのです!
山道を登る。ひたすら。時々木に躓きそうになったりしながらまだ登る。
途中でタイワンリスを見かけたり、
山門があったり、
名前よく分からない植物を見かけたり(こういうとき、ハンドブックがあればいいのになあ)と、それなりに楽しんでましたよ。
行き交う人に「こんにちはー!」と挨拶するのがですね、なんか気持ちいいんですね……
お子様も、こんな怖いご時世ですから普段知らない人に話しかけちゃいけないとかあるじゃないですか。
でも山でのご挨拶もですね、しっかり元気よく戴いてね、時に海外の方ともすれ違うのですが「コニチワ7~♪」と挨拶いただいたり
山って飾らない雰囲気で挨拶できるし、みんな笑顔でね、素敵な空間ですね。山楽しい。

ただ、小一時間かけてようやく民家の見える場所に立ったとき「ここどこだろう……」と思いましたけどね!
あと、ふくらはぎが軽くガクガクしちゃいましてね、武者震いとかそういうあれじゃなくて多分疲労なんですけど。
翌日(今日)なんかはまだ大丈夫ですが、明日とかあさっては全身の軋みが来るのかと思うと憂鬱です。
岩の間を抜けたり、くぼみとか、ちょっと柔らかめの地面(ぬかるみというほどではない)とことか、
段差があるところをグイグイ登るのは大丈夫なんです。
ただ、平坦な下り道と階段が辛い……階段……つらいよ……

しかし、逗子もそうなんですけど横須賀近辺も史跡や神社仏閣がいっぱいあるので
今度またぶらり旅をしてみようかなあ。カメラ持っていかなくちゃね(今回忘れてたのでほぼ写真はない)
それまでに少し体力を上げておくか……。体幹鍛えなくちゃね。

と、とりとめのないことばっかり書いてますが、
Q:創作してるんですか
A:ほんのちょっとね。(3%)

昨日は小物入れを作ってたはずなのですが、寸法を間違えて変な筒状のものになってしまった……。
間違えたのは寸法だけじゃない気もするけど、まあまたリベンジするとします……。

さいきんは

小説書かなくなってから、なんかイザ書こうと思うとなにも気が乗らなくなるので
多分いろいろ足りないところとか混ざっちゃってると思う。やる気とかインプットとか設定のこじれとかなんとかかんとか。
かといって他のこともしたいなーとはならないので、これはいよいよヤバイ。なんとかしなくちゃ……。
創作毎日のようにやってたときは、なんか充実感もあったというか「よーし、頑張っちゃうぞー」みたいなのはあったので
燃え尽き症候群とかいうやつだったりするのか……?
でも今までやってたような大きな趣味をしなくなってから、明らかに気力の減退がある……
気力を回復したいな~!

おぉ……

やりたいことが多すぎて、どれから手を付けていけばいいかなあ……みたいな状態になっちゃってます。
とりあえず、今年中にやっておきたいのは相変わらず小説を薦めるって事なんですが、
新しいこともちゃんと学んでおきたいし、
学んだことも身につけておきたい……けど、日々の暮らしもおろそかにしたくはない、っていう大変優先順位が難しいカンジ。
まあ、ちゃんと考えるなら
やることを終わらせて(デイリールーチン的な)から趣味なり学習なりの基礎と応用をやっていくって感じなんですけどね。
でも、やり始めようとするとわくわくしちゃうから、なんかおざなりになりがちですよね。わかる。(謎同意)

ふと思ったこと

自分が何かをしているとき、誰も見ていないようで誰かが必ず見ていたりする。
もちろん一人で家にいるとき行っていることはその限りではないだろうけど
それが仕事であれ遊びであれ、ご飯食べてるときも誰かは見ている。

私は割と重めの偏頭痛持ちで、薬と頭痛ーる(アプリ)は欠かせないわけだが
最近気温差が激しく、お薬を飲んでも割と動けないので仕事をお休みすることもあった。
今日上司から電話があって、これはヤバイ明日から来なくていいよモードかしら……と戦々恐々としたのだが
「普段頑張ってくれているので、気にしなくていい。職場でフォローできるところはする」ってお言葉を貰って
ありがたさにちょっと涙腺が緩みそうになってしまった。

本当のことを言うと仕事にやりがいがあるわけじゃないけど、
上司が替わってから職場の人間性が最近すごく良くなってきてて
こういう理解ある人がいてくれるから仕事頑張ろう、みたいな気持ちになった。
勿論「なった」という気持ちはウソじゃないけど、日曜の夜には「仕事がまた始まってしまう……」って気持ちになるんだろうな。
頑張ろうという気持ちも本当だし、憂鬱になるときも本当で、どっちもほんと。
メリハリのある感じで頑張りたいですよね(適当にまとめた)




創作の話になりますが、
最近創作をしないとすげー暇。
ゲームもやったりするけど、ゲームだけではだめなんだ……。
創作について自問自答した結果、
絵を描くのと文章を書くのをメインみたいにして半々くらいでやってたんだけど
わたしがやりたいのは絵も文章も他のこともやりたい、というのであって
じゃあ何がしたいのか、っていうのが形にならなくてモヤモヤっとしてたんですよね
そんなときにボーっとゲームしてたら、
「そうか、私は世界を表現したいんだな」っていうのが分かったんです。
世界っていってもこの世界ではなくて、
自分の中の、心というか頭の中にあるというか、想像の綿に包まれた中から取り出す空想の世界です。
だから、またペースは相変わらず遅いですがちょっとずつやり始めると思います。
ただ、こうしていろいろ発見や驚きがあったりすると
「数年前にそういうの見つけたかった……」ってなります。
始めるには遅いことはないですからね……うん……ただ、手先が不器用なんだ(致命的

完全に蛇足な余談ですが、ゴスロリとかはあと×年遅く産まれて一度は着てみたかったよ……

春めいてきましたね

三寒四温ともいうので、まだ寒暖の差が激しかったりしますが
気圧の急落で起こる頭痛なんかと闘いつつもまあ元気にやっています。
写真は適当に作ったハーバリウムの小瓶。
いらないレジンやビーズなんかを入れたけど、グリッターを入れたら液が濁ったように見えちゃって嫌だわね。
image1_20180318140826f43.jpg
創作は久々にこれをやったくらいで、ほんとお絵かきも文章も全然やってないのよ。
時々妄想はするんだけど、妄想力が弱まっている……。

そういえば、ほぼ日刊イトイ新聞さんで「山口晃の見ている風景」という読み物がありまして、なるほど、ふむふむって読ませてもらいました。
山口さんの創作論は絵でも文章でも参考になるところがあって、大まかな形を想像しても、いざ描こうと思ったら急にぼやけてしまう……というところなんか大いに共感できるところでした。
技術って、いくら持っていても良い物なんだなあって思うけど、良いか悪いか分からないまま研ぎ澄ますのは至難の業よね。
今だから言えることだけど、感想とか建設的な意見とかは、欲しかったよなあ。